日記内の写真をクリックすると
大きい画像でご覧いただけます。




人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
訪問記念に
クリックしていただくと大変嬉しいです。






2010年03月07日

金魚の歴史と産地

web拍手

私も金魚を飼うだけでは飽き足らず、
歴史や産地・系図などを調べましたので書いてみます。


<金魚の歴史>

日本の金魚は中国から伝来して以来、ペットとして発展してきました。

(金魚の年表)
西暦300年頃 中国の揚子江でフナの突然変異した赤い魚(ヒブナ)が見つかる
900年頃 中国北宋時代、寺院などで金魚が飼育された
1200年頃 陶製の鉢で飼育が始まる
1502年 当時港町の大阪府堺に金魚が伝来する
1612年 「多識編」(林道春)に金魚の記事。コガネウオ・シロガネウオと言う
1629年 「大和本草」(貝原篤信)に「金魚、昔は日本になし、今世に飼う者多し」と金魚の記録あり
1677年 江戸に金魚屋現れる
1696年 江戸に金魚飼育届出制敷かれる
1700年頃 ランチュウの元になる金魚が誕生
1712年 寺島良安がワキンの絵を書く。この頃朝鮮金魚有り。大阪で背びれの欠如する魚を愛好。名古屋にジキン現れる
1748年 日本初の金魚研究書「金魚養玩草(きんぎょそだてぐさ)」(安達善之)が発行される
1771年 春信、歌麿などがワキン・ランチュウの絵を描く
1800年 「長崎見聞録」にシシガシラ金魚の記事有り
1825年 リュウキンが一般に普及する「職人尽し歌」
1830年 國安・國貞がガラス鉢のリュウキンを描く
1861年 信州でリュウキン見世物となる
1884年 故初代石川亀吉のグループによって観魚連が立ち上げられる
1895年 デメキンが中国より輸入される
1900年 観魚連が観魚会に名前を変える
1902年 頂天眼が中国より輸入される
1933年 故松井佳一によって初めて金魚系統図が作成される
1941年 全日本らんちゅう連盟が創設される
1994年 研究のため弥富産金魚6匹が向井千秋宇宙飛行士とともに宇宙へ飛んだ



<金魚を育てた主な先人達>

(1)初代石川亀吉(1831〜1903)
   観魚会という愛好会を発展させた人で
   ランチュウの質を高めたり鑑識法を発展させた
   1941年「らんちゅう宗家」の名前が与えられた
(2)宇野仁松(1864〜1937)
   「宇野系」「京都筋」と呼ばれるランチュウの基礎を作った
   宇野系ランチュウの特徴は鱗が細かく繊細なことです
   石川宗家の「石川系」・京都筋の「宇野系」等と呼ばれている
   「石川系」は泳ぎを重視し、
   「宇野系」は肉癌や色を重視しているのが特徴
(3)松井佳一(1891〜1976)
   金魚系統図を初めて作成した人で
   「金魚の父」と呼ばれている


<日本の金魚の産地>

愛知県弥富市・奈良県大和郡山市・江戸川下流域が
三大養殖地として知られている
他に山形県(庄内)・熊本県玉名郡長洲町などが有名である
近年では、江戸川下流域から埼玉県北部や茨城県南部へ
生産拠点を移す業者が増えている


<金魚の系図>

金魚の系図は下記からご覧ください
    ・弥富市作成の系図
    ・GEX作成の系図
    ・自分でこんなのも作ってみました→金魚の系統.pdf
      (ご覧になるにはAdobe Acrobat Reader等の
        ビューワソフトウェアが必要です)
      (A4で印刷できます)





posted by シコッピー at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚の歴史と産地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

我が家の金魚元気に育っています(2)

web拍手

<東錦編>

我が家の金魚(東錦(白系))


2010.02.06に我が家の仲間になった金魚の東錦2匹が元気に育っています。

白系と黒系の2種類です。

上の写真は白系の写真です。

以下に黒系の写真を紹介します。

我が家の金魚(東錦(黒系))

底砂利の餌を漁る東錦です。

底砂利の餌を漁る金魚の東錦


次は、ピンポンパールとのコラボレート写真です。

我が家の金魚(ピンポンパールと東錦)


購入時よりは1cmくらい大きくなったかな。

購入時の日記はこちらです。


タグ:東錦 金魚
posted by シコッピー at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

我が家の金魚元気に育っています

web拍手

<ピンポンパール編>

ピンポンパール


2009.12.23に我が家の仲間になったピンポンパール3匹ですが

その内の1匹が1月29日に☆になったものの

残り2匹は元気に育っています。


元気なピンポンパール

元気に泳ぐピンポンパールです。


ピンポンパールのバックショット

こちらは、ピンポンパールのバックショットです。


丸々のピンポンパール

この頃やっと、ピンポンパールらしい体型になってきました。


購入時はこんな感じでした。



posted by シコッピー at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

金魚が到着しました

web拍手


この箱で到着しました


ネットで注文していた楽天のショップ から金魚君たちが到着しました。


まずは、金魚の琉金2匹です。

到着した金魚 琉金2匹

送られてきたビニール袋のまま水槽に入れて水温調整しています。

次は、金魚の東錦2匹です。

到着した金魚 東錦2匹

こちらもビニール袋のまま水槽に入れて水温調整しています。

他に、


GEX 60cm水槽用2灯式ライト クリアライトCL632

も購入しました。

同じライトを使っているのですが壊れたので購入しました。

合わせて5千円ちょっとのお買い物でした。


結果、我が家の水槽は7匹の金魚たちの棲家になりました。

7匹が住む我が家の金魚水槽

出目金1匹・ピンポンパール2匹・琉金2匹・東錦2匹

の計7匹になりました。

7匹がいる金魚水槽


2月4日に注文して今日2月6日に到着しました。

購入したのはこちらの楽天のショップ からです。

金魚も元気に届きました。

皆さんもいかがですか・・・



posted by シコッピー at 16:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

今日の我が家の金魚水槽

web拍手


現在の金魚水槽


先月は、立て続けに金魚が亡くなってしまったので

現在は写真のように3匹しか残っていません。

内訳は、昔黒出目金だったオレンジの出目金と

新人ピンポンパール2匹です。

以前書いた東錦のほかに、

丹頂・ピンポンパール1匹が亡くなりました。


かなり寂しくなったので

追加金魚をネットで注文 中です。

到着したら、また報告します。



タグ:金魚 水槽
posted by シコッピー at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。