日記内の写真をクリックすると
大きい画像でご覧いただけます。




人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
訪問記念に
クリックしていただくと大変嬉しいです。






2010年04月10日

オランダ系金魚のこと

web拍手



オランダ系とはオランダシシガシラを中心に発展した種類の金魚をいいます。
オランダシシガシラ自体は琉金の仲間として分類されるので、
ここでは、琉金の一部であるオランダ系の金魚を紹介していきます。

オランダ系金魚の系統
・ヒブナ→和金→琉金→オランダシシガシラ
・ヒブナ→和金→琉金→オランダシシガシラ→丹頂
・ヒブナ→和金→琉金→オランダシシガシラ→茶金
・ヒブナ→和金→琉金→オランダシシガシラ→青文魚
・ヒブナ→和金→琉金→オランダシシガシラ×出目金→東錦
・ヒブナ→和金→琉金→パールスケール
・ヒブナ→和金→琉金→パールスケール×水泡眼→浜錦


オランダシシガシラ(Oranda)
中国で生れた金魚で、外国といえばオランダという時代につけられた名前みたいです。尾の形は三つ尾・四つ尾・さくら尾があり、色は赤・白・更紗などがあります。


赤オランダ

白オランダ

更紗オランダ


東錦(Calico Oranda)
オランダシシガシラと三色(キャリコ)出目金から生れた種類です。
色は白やキャリコがあり、尾の形は三つ尾・四つ尾・さくら尾があります。


東錦

桜東錦


青文魚(Seibun)
青黒い体が特徴で、色は青、尾の形は三つ尾・四つ尾・さくら尾があります。
因みに白っぽくなった青文魚は羽衣と呼ばれています。
肉瘤の出る高頭タイプと肉瘤の出ないタイプの2タイプがあります。


青文魚

高頭羽衣


茶金(Chocolate Oranda)
茶色が綺麗な金魚です。
尾の形は三つ尾・四つ尾・さくら尾があります。


茶金

茶金出目花房

茶金赤花房


パールスケール(Pearlscale)
お腹がふっくら(ころころ)として泳ぐのが下手なのが特徴です。
色は赤・更紗・キャリコなどがあり、尾の形は三つ尾・四つ尾・さくら尾があります。
肉癌が発達せずに尾の短いものを「ピンポンパール」と呼びます。


パールスケール

ピンポンパール

ミルクピンポンパール


丹頂(Tancho)
丹頂鶴みたいに頭の肉癌が赤いのが特徴です。
中国では紅頭と呼ばれています。
体が白いので紅白の色彩がキレイですよね。
尾の形は三つ尾・四つ尾・さくら尾があります。


丹頂



・「和金のこと」はこちら
・「琉金のこと」はこちら
・「ランチュウ系金魚のこと」はこちら
・「金魚の系図」はこちら

他にも様々な種類があります。
こちら もご覧ください。





posted by シコッピー at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

我が家の金魚 元は黒かった出目金

web拍手


我が家の出目金(元は黒かった)

今回は、当初は黒かったのに今はオレンジ色に色変わりした

我が家の出目金について書きます。

実は、我が家の出目金は片目です。

片目の出目金

水槽掃除の時に誤って傷つけてしまい片目になってしまいました。

「琉金のこと」の出目金の欄にも書きましたが

目がとれて片目になっても元気に泳いで餌を食べています。

片目でも元気に泳ぐ出目金

当初我が家に来た時とはかなり変わってしまって

色変わりしたり片目になってしまった出目金君ですが

これからも大事に育てて生きたいと思います。



両目があったときの出目金
(両目があったときの写真)

黒かった時の出目金
(黒かった時の写真)



posted by シコッピー at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

琉金のこと

web拍手




琉金はダイヤ型の体型をしているのが特徴です。
飼いやすい種類ですが、
餌の食べ過ぎで転覆病になりやすいところもあります。
和金の次にポピュラーな金魚で、
琉球から来た金魚という意味で琉金になりました。
実際は、中国で生まれ琉球に渡り本土に入ったみたいです。
琉金の様々なバリエーションを紹介していきます。

琉金の系統
・ヒブナ→和金→琉金
・ヒブナ→和金→出目金→蝶尾
・ヒブナ→和金→琉金×出目金→キャリコ
・ヒブナ→和金→琉金→土佐金


琉金(Ryukin)
色は赤・白・更紗(赤と白のまだら模様)・キャリコ(赤・黒・白などのまだら模様)など様々なものがあり、尾の形も三つ尾・四つ尾・さくら尾などがあります。
さくら尾・・・三つ尾の真ん中の尾が少し割れて桜の花びらのような形


更紗琉金

キャリコ琉金

桜琉金

茶琉金

紅葉琉金

虎琉金


出目金(Telescopic Eyes)
出目金には色々な色があって、
黒い金魚といって想像するのが黒出目金ではないでしょうか。
赤出目金は琉金の突然変異によって生まれ、
黒出目金や三色出目金は赤出目金から生れました。
英語のテレスコープアイとは、望遠眼鏡を意味します。
琉金から突然変異で目が飛び出したのが出目金です。
目がとれた出目金でも元気に泳いでいるみたいです。


黒出目金

更紗出目金

キャリコ出目金

桜出目金

アルビノ出目金

チョコレート出目金


蝶尾(Fantail)
蝶のような尾びれを持っているのが特徴です。
出目金に似ていますがそれほど目は出ていません。
おどけた顔と白黒のパンダカラー(パンダ蝶尾)が人気です。


赤蝶尾

黒蝶尾

更紗蝶尾

キャリコ蝶尾

五色蝶尾

メノウ蝶尾

パンダ蝶尾



・「和金のこと」はこちら
・「オランダ系金魚のこと」はこちら
・「ランチュウ系金魚のこと」はこちら
・「金魚の系図」はこちら

他にも様々な種類があります。
こちら もご覧ください。



posted by シコッピー at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

金魚 今日も元気に泳いでいます

web拍手

我が家の金魚たち


2009.12.23に我が家に来たピンポンパール

2010.02.06に我が家に来た琉金と東錦

以前(2005.05〜)から我が家にいる元は黒かったオレンジの出目金

今日も元気に泳いでいます。


2005.05から我が家で金魚を飼い始め

今日まで☆になった者もいますが

今いる子達は毎日元気に泳いで餌を食べています。

私が水槽の前に立つだけで餌をもらおうと写真のように

水槽の上部へと浮上してきます。


餌を求めて泳ぎ回る金魚たち


金魚は水温の変化には強いと言われていますが

我が家の辺りではまだまだ気温の差が激しいので

水槽の中にはオートヒーターをセットしたままです。



posted by シコッピー at 20:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

和金のこと

web拍手




和金金魚の中でも最も古い歴史を持っています。
金魚すくいで泳いでいる金魚が和金です。
祖先のフナに近いので、丈夫で飼育しやすい金魚です。
和金にも様々な種類があるので紹介していきます。

和金系金魚の系統
・ヒブナ→和金
・ヒブナ→和金×出目金→朱文金
・ヒブナ→和金→地金
・ヒブナ→和金→琉金→コメット


和金

色は赤・白・更紗(赤と白のまだら模様)などがあり
尾の形はフナ尾・三つ尾・四つ尾があります。


更紗和金 三つ尾

ミルク和金 フナ尾

紅葉和金


朱文金

色はキャリコ(赤・黒・白などのまだら模様)・白があり
尾の形はフナ尾・吹流し尾があります。


朱文金

ブリストル朱文金


コメット

色は赤・白・更紗(赤と白のまだら模様)があり
尾の形はフナ尾・吹流し尾があります。


コメット

ゴールデンコメット



・「琉金のこと」はこちら
・「オランダ系金魚のこと」はこちら
・「ランチュウ系金魚のこと」はこちら ・「金魚の系図」はこちら

他にも様々な種類があります。
こちら もご覧ください。



posted by シコッピー at 23:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 金魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。