日記内の写真をクリックすると
大きい画像でご覧いただけます。




人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
訪問記念に
クリックしていただくと大変嬉しいです。






2008年05月24日

金魚すくいの金魚を長生きさせる方法

web拍手

金魚すくいで掬ってきた金魚を育てるのって、難しいですよね。

その方法を、書いてある無料レポートがありました。

(無料レポートとはPDF版で作られたレポートのことで
見るためにはアドビ・リーダーが必要です)

ホームページやブログなどで書いている人はいますが、
それを、書類(ワード文書など)みたいに、
保存したり印刷したりして保管するって、
見かけも悪く大変ですよね。

無料レポートなら、それが綺麗に保管できます。

このレポートのダウンロードはこちら
http://mailzou.com/get.php?R=1994&M=13477&PR=739

ただ、このレポートは様々な無料レポートを集めて紹介しているレポートスタンドに登録になっているので、ダウンロードするには協賛になっているメールマガジンを受けなければなりません。
このレポートスタンドでは、2つの協賛メルマガを選択することが必要になっています。
とりあえず、読んでみたいメルマガ(メールマガジン)を選択してレポートを受け取った後に、届いた協賛メルマガから購読解除が出来ますからご安心ください。
購読解除を行えば、後は送られてくることはありません。

このレポートは、ネットでお金儲け系のレポートスタンド内にあるので、このようなシステムになっています。

もし、ネットでお金儲け系のレポートをご覧になりたい方は、
私のもうひとつのサイトで紹介していますので、ご覧ください。
http://sicorepo.seesaa.net/


話は戻りますが、金魚すくいの金魚を長生きさせたい方は是非一度このレポートを一読されることをおすすめいたします。

とっても簡単なことを書いてあるレポートですが、「あぁそうだよな」って思えるような気づきを得ることが出来ます。





posted by シコッピー at 17:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 金魚飼育環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

金魚にとって快適な環境とは?

web拍手

金魚飼育において、金魚にとって快適な飼育環境とは何か
私なりにまとめてみたいと思います。

1.どんな水が良いの?
水中で生活する金魚にとって快適な水とは
どんな水なのかまとめて見ましょう。
・ゴミのない水
・臭いのない水
・ポンプの泡がすぐに消える水

2.一つの水槽に何匹くらいまで?
水槽の大きさや金魚の大きさにもよりますが
10リットルの水に一匹ぐらいが良いと思います。
大まかな目安としては
(60cm水槽の場合)
・3〜5cmの金魚なら8匹くらいまで
・5〜7cmの金魚なら4匹くらいまで
(45cm水槽の場合)
・3〜5cmの金魚なら5匹くらいまで
・5〜7cmの金魚なら2匹くらいまで
水中酸素の量がかなり関係してきます。
エアポンプなどで水中エアーを補ってあげるといいですね。

3.水槽の置き場所?
水槽は一度セットしてしまうと移動するのも大変なので
設置場所のポイントをまとめてみましょう。
直射日光の当たらない場所
 水温の急激な変化を避けるため直射日光は避けましょう。
 苔の発生を促す原因にもなってしまいます。
静かな場所
 ストレスを発生させないために静かな場所を選びましょう。
 ストレスは人間と同じで病気の原因になります。

(注)環境ではないですが金魚飼育上避けたいこと
・金魚のサイズにあったサイズの餌を与える
 消化不良による病気の原因になります。
・夜間でもエアポンプは止めない
 必要酸素量が確保できなくなる可能性があります。
・餌を与えすぎない
 水槽内に残るくらい与えてしまうと水質悪化の原因になります。
・水槽をライトアップするときは一日に8〜10時間を限度として
 金魚に安眠を与えてあげるとともに苔の発生を抑えましょう。


posted by シコッピー at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚飼育環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。