日記内の写真をクリックすると
大きい画像でご覧いただけます。




人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
訪問記念に
クリックしていただくと大変嬉しいです。






2008年05月16日

金魚の病気の予防対策

web拍手

可愛い金魚を病気にさせないために
  しっかりと予防対策したいものですね。


【水対策】
<水作り>
・バケツに水を入れ日なたに3日ほどおいて置く。
   これが一番簡単な方法だと思います。
   3日も待てない場合は、中和剤を使います。
<水温>
・水温の急激な変化が起きないように対策します。
   適温は25〜28度くらいです。
   外気温に対応してヒーターやクーラーがあるといいですね。
<水換え>
・週に1回、1/3くらいを底のほうから水換えします。
   1ヶ月に1度くらいの頻度で全部交換する。
大事な金魚のために水質維持は欠かすことができません。
大変ですけど、頑張っていきましょうね。

【餌の与え方】
餌は与えすぎず、3〜5分で食べつくすくらいの量を与えましょう。
金魚は、与えれば与えただけ食べてしまいます。
そのため、金魚には胃がないので消化不良をおこしてしまうのです。
とにかく、餌の与えすぎは禁物です。
夏場の目安は、一日3回くらいにします。
もっと減らしてもかまいません。
因みに、我が家は一日1回です。
1〜2週間与えなくても大丈夫です。
与えすぎに注意して、決まった時間に与えるようにしましょう。

【水草を入れよう】
水草は、金魚が吐き出した二酸化炭素を
   光合成で酸素に変えてくれます。
また、産卵の時には巣にもなります。
<水草を入れるときの注意点>
・光のない夜は水中の酸素を取り込むので、
   入れすぎないようにしましょう。
・水草は消毒してから入れましょう。
   バケツに塩水を入れてそれに浸します。
オススメな水草としては
・アナカリス(光が少なくても育ち産卵時に最適)
・ガボンバ(成長が早い)
・フサモ(多年草で寒さに強い)
・サジタリア(30cm以上になります)
金魚が好んで食べます。






posted by シコッピー at 15:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、酔いどれ吟遊詩人と申します。

IE7なのですが、そして私だけかも知れませんが、来訪者数、TOPの記事、Googleの検索と金魚が重なって見えます!

挿入位置(Googleアドセンスのリンクユニット)の問題だとは想うのですが!?

他の方が、しっかり見えるのでしたら、御免なさい!いらぬお節介でした。
Posted by 酔いどれ吟遊詩人 at 2008年05月18日 04:06
【酔いどれ吟遊詩人】さん

助言ありがとうございました。
当方はIE6ですが、正常に表示されていたので気づきませんでした。
早速、対応したいと思います。

また、よろしくお願いします。
Posted by シコッピー(管理人) at 2008年05月19日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。