日記内の写真をクリックすると
大きい画像でご覧いただけます。




人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
訪問記念に
クリックしていただくと大変嬉しいです。






2010年04月06日

琉金のこと

web拍手




琉金はダイヤ型の体型をしているのが特徴です。
飼いやすい種類ですが、
餌の食べ過ぎで転覆病になりやすいところもあります。
和金の次にポピュラーな金魚で、
琉球から来た金魚という意味で琉金になりました。
実際は、中国で生まれ琉球に渡り本土に入ったみたいです。
琉金の様々なバリエーションを紹介していきます。

琉金の系統
・ヒブナ→和金→琉金
・ヒブナ→和金→出目金→蝶尾
・ヒブナ→和金→琉金×出目金→キャリコ
・ヒブナ→和金→琉金→土佐金


琉金(Ryukin)
色は赤・白・更紗(赤と白のまだら模様)・キャリコ(赤・黒・白などのまだら模様)など様々なものがあり、尾の形も三つ尾・四つ尾・さくら尾などがあります。
さくら尾・・・三つ尾の真ん中の尾が少し割れて桜の花びらのような形


更紗琉金

キャリコ琉金

桜琉金

茶琉金

紅葉琉金

虎琉金


出目金(Telescopic Eyes)
出目金には色々な色があって、
黒い金魚といって想像するのが黒出目金ではないでしょうか。
赤出目金は琉金の突然変異によって生まれ、
黒出目金や三色出目金は赤出目金から生れました。
英語のテレスコープアイとは、望遠眼鏡を意味します。
琉金から突然変異で目が飛び出したのが出目金です。
目がとれた出目金でも元気に泳いでいるみたいです。


黒出目金

更紗出目金

キャリコ出目金

桜出目金

アルビノ出目金

チョコレート出目金


蝶尾(Fantail)
蝶のような尾びれを持っているのが特徴です。
出目金に似ていますがそれほど目は出ていません。
おどけた顔と白黒のパンダカラー(パンダ蝶尾)が人気です。


赤蝶尾

黒蝶尾

更紗蝶尾

キャリコ蝶尾

五色蝶尾

メノウ蝶尾

パンダ蝶尾



・「和金のこと」はこちら
・「オランダ系金魚のこと」はこちら
・「ランチュウ系金魚のこと」はこちら
・「金魚の系図」はこちら

他にも様々な種類があります。
こちら もご覧ください。





posted by シコッピー at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。